POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
もうすぐツアー!!!
TOISU!!!

先週のブログで軽くふれたけど、今回のツアーから新機材を導入!!!
b0209830_21123893.jpg

ライブで使うシーケンサーをハードディスクレコーダーから、コンピューターベース “Ableton Live 9”に変えたよ!!!

以前使っていたPro Toolsに変わり、制作でもこのシーケンサーがメインとなるので制作環境は大きく変わる!色々と準備が大変だったけどようやく整った。

これはでかい革命だぞー!

このシステムに変わると、嬉しいことがある!
それは何かと問うならば!(問うならばー!)

フレキシブルにライブのセットリストが変更可能になる!!!

今までは自宅で仕込まなくてはいけなかったものが、ライブハウスやホテルでできる!

今回のツアーではやりたい曲が沢山あって、のべ60曲分のストックを用意していくので、その日の会場の雰囲気や気分でセットリストを自由に毎回変えて行こうと思う!

アルバム曲、定番曲はもちろん、このツアーで初披露のリアレンジ曲や、久しぶりのレア曲もぶっ込んでいこうと思っているし、ブラッシュアップされた音を体感してほしい!!!

是非遊びに来てねー!!!会場で待っているよー!!!


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-02-26 21:14
BOB2
DEVOのリズムギター&シンセサイザー、BOB2ことボブ•キャセールが亡くなった。

なんだろう、まだ実感がないのが正直な所。

ステージ上では他のメンバーより一歩引いて、冷静で堅実なプレイでDEVO独自のテクノ•パンク•サウンドを支えてきた。
本当「リズムギター」というパートがピッタリで、シーケンスの様にタイトなプレイを、ダウンピッキングでガツガツ弾く姿がカッコいいんだ!
POLYでもカバーしている「Secret Agent Man」のメインリフも彼が弾いている。
あのリフを聴いた時に「カッコイイ!バンド組んだらカバーしよう!」と思い、実際インディーズ頃は毎回レパートリーに入れて演奏していた。

彼の弾くシンセサイザーのフレーズもたまらない。シンプルな音色で音数も多い訳ではないのに、アンサンブルの間を抜けて耳に入ってくる強烈なフレーズ。
「Whip it」とか秀逸だよね。
今ライブで使っているショルキー型Roland SH-101は「Peek-A-Boo!」のプロモで彼が使っているのを観て欲しくなって、POLY結成した時にすぐ買ったもの。
当時はストラップも同じ色のを使ってた。

彼はプレイヤーでもあるけど80年代中盤からDEVOのエンジニアもやっている。
あのタイトでドライな独特のビート感の強いミックス。大好きだなぁ。

2004年USツアー、オフ日にDEVOのスタジオ「MUTATO MUZIKA」へ遊びに行った時、偶然一昨年リリースされたライブ盤「Live 1981 Seattle」のTDをやっていた。BOB2のエンジニアリングが見れたのは今思えばとっても貴重だった。ジェリーがノリノリでエアベースしながらチェックしていた。

2008年来日の時、打ち上げで初めて話したけど本当、楽しくて良い人だった。
ヤノを見てBOB2が「お!君アランに似ている!」とか言ったの思い出した(笑)。
「今度ロスのROXYという場所でライブをするよ」と話したら「そこは『Come Back Johnny』のプロモ撮影で使った所だよ」と教えてくれたのもBOB2だった。

DEVOに無くてはならない存在のBOB2。
あの大きな体、たまに見せる笑顔、エキサイトした時に前髪が乱れる所、「Uncontrollable Urge」でジャンプする直前の顔等も含めて大好き。

これからDEVOの映像を観ようと思う。
そこで実感するのか、まだわからない。

本当にありがとうBOB2。
出会えて良かった。忘れない。


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-02-19 23:52
Mucho Tapioca
只今ツアーに向けて絶賛リハーサル中!

やりたい曲が沢山ありすぎて、セットを考えるのが楽しい!

どこも楽しいライブになりそう。

それと、去年の年末から新しい機材を導入して、ようやく慣れて来た。
これはすごくイイと思う。明らかに音が良くなったし。

さぁ、それは一体何でしょう?折角なんでもう少し引っぱろうかな(笑)。
ツアーお楽しみに!

そんな中、先日謎のCDが事務所に届いた。
b0209830_2113960.jpg

中には英語で書かれた手紙が入っている。

はて?

頭にクエスチョンマークを浮かべながら、その手紙を読むと…

なんと!去年9月に行なわれたヨーロッパツアーのフランス、アジャン公演の時に来ていたお客さんからだった!

<↓その時のブログ>
http://blog.excite.co.jp/polysicsblog/21118623/

あのザッパ似から!
ちゃんと「Frank Zappa from Agen」と書いてある(笑)。

名前はPierreと言う。
彼はライブの序盤から1人でガンガン盛り上がっていて、終盤では着ていたTシャツを脱いでブンブン振り回し、上半身裸で客席を飛び跳ねていた。
ステージ上からも彼の動きはとても目立っていたので、ついMCの時に彼を指差して「Are you Frank Zappa??」と、世界規模で伝わりずらいネタをステージで言ってしまう程気になるヤツだった。

終演後、物販にて

ザッパ似「お前に俺のCDを聴かせたいんだ!」

俺「じゃあ、次来た時に聴かせてよ!」

ザッパ似「いや、送る!日本に送るよ!」

俺「オッケー!楽しみにしてる!」

てな会話をした。

だいたい今までの経験上、そう言って送って来る人はゼロに近いので、まぁ、無いだろうなぁと思っていたら、なんと本当に来た!!!!

すげぇ!こんなこともあるもんだ!!!

バンド名は「Mucho Tapioca」という。

あのザッパ似ピエールのバンドは一体どんな感じなんだろう!バンド名からして「セニョール•ココナッツ」みたいなラテンとテクノがミックスした音とか?と、ワクワクしながらCDを聴くと…?

フュージョン、ジャズを中心としたアヴァンギャルドな内容でフランク・ザッパの影響をモロに受けていた(笑)。

http://muchotapioca.bandcamp.com/

聴いているうちにどんなライブをしているのか気になってしまい動画も観た。
ピエールは左利きギタリストなんだ。

うぉ!ファンキーでハチャメチャなポスト・パンク!楽しい!!!

あのツアーがあって、こうして面白い音楽に出会えた。嬉しいねぇ!!

CD送ってくれてありがTOISU、Pierre!!! Mucho Tapioca!!!
またAgenで!


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-02-18 21:31
「ACTION!!!」曲解説!<後編>
7.Rhythm

シンセがリードのインスト曲。「ニューウェーヴ電話相談室」ぶりかな?80’sアプローチな曲だけどリズムは軽くせずどっしりと力強く!益子さん&ヤノのコンビで作ったドラムの音はご飯が何杯でもいけるほど好きな音。最初に鳴るシーケンスはMFB NanozwergにBOSSのエフェクターBlues Driverを噛ました音で90年代初頭のテクノっぽい。今回は打ち込みをする時点でシンセのツマミを手動でコントロールして音を変調させたり、変化させたりして鳴らすというプチ裏テーマがあったので、この曲でも足を肩幅まで開き「エイヤー!」とテンション高くツマミを回している。1番終わりのギターソロは、俺が弾いたテイクを益子さんが波形編集をして独特の面白いリズムを作っている。途中のシンセノイズは益子さんと2人でSH-101を向かい合って弾いた。ラストのノイズはギター?それともシンセ?答えはツアーで!!!
b0209830_1182421.jpg


8.New Melody

そういえば「16ビートで歌もの」って無いなと思って作った曲。パーン!と気持ちよく聴こえるシンセパッドの音はmicro KORGと珍しく使ったソフトシンセKORG Polysix(バンド名の由来となったシンセ)を合わせて作った音。多分初めてフミから「メロがイイね」と言われた曲。こんなに長くやっているのに(笑)。歌詞は何となく俺よりフミが書いた方が合いそうだなと思いお願いした結果、そこはかとない切ない感じが曲の雰囲気にバッチリとハマった。ギターは以前のメインギター、ジャズマスター。しかもピックアップはフロント•リアをミックスで。昔はこの音で(というかインディーから2008年くらいまで)弾きまくっていた。オラぁシングルコイルのギシッとした暴れん坊の音が好きなんだなぁ。前ミニアルバム収録「Exclamation!」でも使用したLINE6 M5のタッチワウもファンキーで良い感じ。

9.Sparky

自宅で曲作りをしていて、初めてMoogにファズを噛まして出来たのがド頭から鳴る「ブヒョ〜ン!」という音。ファズ独特の荒々しさにギュッとコンプレッションされたえげつない音がとても新鮮で興奮した!早く誰かにこの音を聴かせたくてウズウズしていた所、ちょうどライブで使っている機材を家に届けにスタッフが来たので、彼の手をグッと捕まえ「ね、この音カッコ良くない??ね?ね?良くない??ブヒョ~ン!ブヒョ~ン!!」と半ば無理矢理聴かせた。いきなりそんな音を大音量で聞かされた彼の反応は「おぉ、いいっすねぇ」と優しいリアクション。お疲れの所ごめんね…。この曲のシンセベースは益子さん所有のDave Smith Mophoというシンセで作った音。黄色いルックスが可愛い!
b0209830_119776.jpg


10.How To Be Good Boy

この曲は「MEGA OVER DRIVE」以前からデモが完成していた曲だったが、このブログの前編でも書いた通り「MEGA〜」完成以降にアレンジ、打ち込み、歌を練り直した曲。以前のデモはブラスやパーカッションが入り、ギターも全編に渡ってカッティングしていて、ファンク色が強めのアレンジだったので雰囲気は相当変わった。ちなみにアルバム最後のレコーディングがこの曲のフミボコーダー録り。その後はドカーンと大打ち上げ!…とはいかず、直後から始まるヨーロッパツアーの荷造りをしなきゃいけない為、速攻帰宅!!!しゃーない!!!

11.Don’t Stop Johnny

この曲も「How To〜」と同時期にデモは出来上がっていたが、やはり「MEGA」以降、ほぼ新曲を作る気持ちで1から作り直した。以前のデモは間奏で聴けるシンセとギターがユニゾンで弾いているフレーズが全編を通して入っている、キラキラシンセがフィーチャーされたポップな曲だった。BPMは今のテンポより遅く、こんなに変拍子も入っていなかった。曲タイトルの「Johnny」は「ワトソン」「Quiet Smith」と同じタイプの「あんた誰??」シリーズ。カオスなギターソロコーナー終わった後のまるでキース•ムーンの様なドコドコしたドラムフィルが超たまらんね!

12.Turbo Five

メイン•シーケンスの1フレーズからどんどん発展し、曲が出来てから15時間後にはレコーディングしていたという曲。メンバー&益子さんとアレンジを練りながらのレコーディング。この曲の勢い、スピード感はアルバム「ACTION!!!」を象徴しているし、アルバム全体を通して統一感があるのはこうして完成した曲が多いのもある。実はずっと「Turbo」という言葉を使いたかったので、このデモを作っている時にキーワードがピタリをハマった時は嬉しかった。久しぶりにワウをフィーチャーしたギターに、エレクトロ・ガレージ!こういうリフで押しまくる曲は演奏していて燃える!というか好き!!

全曲解説終了!!!

益子さんのスタジオFloatのレコーディング風景。リズム録りはこういう感じ。
b0209830_1204125.jpg
横には益子さんがいてレコーダーを操作、他の人はは全員ヘッドフォンしながらテイクを聴くという、正に全員ブースの中にいる感じ。
このスタジオはドラムの音を良い音で録る為に作ったというだけあって、ナチュラルでクリアだけどダイナミックな音を録ってくれた。ベースも「フミ!」という感じのアタック強めでバキッとした気持ちイイ音を作ってくれた。実はこの音はアンプを使わずラインのみで作っているから凄い!

こういうレコーディングは初めての経験だったので、始まる前までは正直不安はあったけど、スピーカーから出てくる音1つ1つがグッと前に来るような音だったので、すぐに「これはイイかも!」と思えた。そこからミニアルバム、アルバムと一緒に作ったけど、益子さんとの作業はとても濃くて刺激的で、本当に良い経験となった。

益子さん、ありがTOISUでした!!!

<おまけ>
写真は去年10/14に行なわれたタワーレコード新宿店で行なわれたインストアイベント「MEGA OVER DRIVE」発売記念ボコーダーで歌える権利争奪戦! POLYSICS MEGA カルトQ!!!の優勝者3人のボコーダーを実際にTDしている所。
b0209830_1195231.jpg
益子さん、いい笑顔!


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-02-03 01:55
ニューアルバム「ACTION!!!」発売記念ライブ〜インストアクション!!!
ニューアルバム「ACTION!!!」発売記念ライブ〜インストアクション!!!〜@タワーレコード渋谷店

セットリストはこんな感じ!

1.ACTION!!!
2.Turbo Five
3.Post Post
4.O MEGA NE
----------------------------
5.発見動物探検隊
6.New Melody
7.Number Zero
8.MEGA OVER DRIVE
9.Let’s ダバダバ
10.Shout Aloud!

1.Don’t Stop Johnny
2.Buggie Technica

「ACTION!!!」発売記念ということでニューアルバムから沢山演奏!

ただ、いきなり「Post Post」でマシントラブル!最後の繰り返しサビは生声でやることに(笑)。
サビ前の「エエエエエエ…」は再現不可能(笑)。焦ったわー!!
レコ発ライブなのにレアバージョンを披露することになるとは…。

「発見動物探検隊」初披露!間奏でジャンプ!ジャンプ!
こりゃ、ツアーでやるのが楽しみだな。

「O MEGA NE」「New Melody」も同じく初披露。今までにない新しいタイプの2曲なのでツアーのセットにどう絡めようか、今からワクワク。

新曲多めでちょっと緊張したけど、ライブの雰囲気はとても良くて楽しくできた!!!

2月は怒濤のリハーサルに入るので、マジでツアー楽しみにしていてよ!

面白いこと考えているから。

記念にパチリコ!
b0209830_23371212.jpg


帰りにこの日までのクーポンを使って80KIDZ 『80:XX - 01020304』とCHVRCHΞS『THE BONES OF WHAT YOU BELIEVE』をゲット。

タワーレコード渋谷店はプライベートでも大変お世話になっていて、去年ブログで書いたTop15の8位
-------------------------------------------------
8.Miracle / Mercury
•レコード屋のポップに「80’s好きなら絶対好き!」と書いてあり、気になって買ってみたら80’s ダーク•シンセ•ポップで本当に好きな内容だった。ありがとうポップを書いた人!
----------------------------------------------------

これはここで見つけたCD!こういう出会いもあるのでお店で買うのが好き。

来てくれた皆、ありがTOISU! 次はツアーで会おう!!!

そして、渋谷タワーレコードさん、ありがTOISUです!
これからも引き続きよろしくお願いしまーす!!!


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-02-02 01:09