POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
VOLAPOLYHINTO!!!
前回07年に渋谷AXで行なわれた3マン「VOLAPOLYLOCALS」から8年が経ち「VOLAPOLYHINTO」となって渋谷CLUB QUATTROにて開催!!!

このガチンコ3マン、久しぶり過ぎる!!!
なのでとても楽しみにしていた!

やっぱり、気の合うバンド同士なので楽屋の雰囲気も良いよね。
VOLAアヒト君とシーケンスソフトの話や、HINTO伊東君とフランクザッパの話で盛り上がったり。

3バンドとも80’sニューウェーブなアプローチがあるのでセットリストもそっちに寄ったものにしてみたけど、これは演奏していてかなり興奮したね。

「Everybody Say No」からスタートして「ワトソン」ものすごく久しぶり「オールウェイズハピネス」!
ポストパンクっぽい「DTMK未来」のハマりも良かったね!
いつもとは違ったセットのライブは新鮮だった!
「Let’s ダバダバ」が出来てからライブでやらないのはもしかして初??

この日はトップだったのでその後はイベントをガッツリ楽しんだ。

VOLAのノンストップでガンガン行く感じ、カッコ良かった!
イベントだけどVOLAの歴史を振り返るようなセット。
この日の「Dead or Dance」の爆発力はハンパ無かった。
お客さんを踊らせ続け10年間!
この先どう進化していくのか、さらに楽しみになった。色んなVOLAを観てみたい。
アヒト君が楽しそうに歌って踊っているのを観ると、こっちも楽しくなるよね〜。

HINTOはたまげた!これは日本のトーキングヘッズ?
それとも!!!(チックチックチック)と言っても過言では無いのでは?
つくしのコスプレの様な格好をしていた光宏&昌弘のカチッとしながらも、曲が進むに連れて荒ぶっていくグルーヴ!
もはや名人芸の域に達している、ギターだけどシンセの様な変幻自在の音を鳴らす伊藤君のプレイ。
そしてどれだけアヴァンギャルドなアレンジでもコウセイが歌えば全部POPに聴こえるから面白い。

カッコ良かった!!!

アンコール、前回は沢田研二の「TOKIO」を皆で歌ったけど、今回は郷ひろみ「二億四千万の瞳」!!!これは盛り上がったね!
後で聞いたけど、俺の「ジャパ〜ン!」にディレイがかかっていたらしい(笑)。

VOLAもHINTOも皆8年前には無かった新たな武器をどんどん付けて行って、どんどん進化しているのにとても刺激を受けた!

8年前も俺が会場BGMを担当したので今回も。

これは2003年にリリースされたラフトレード監修のポストパンクのコンピ。
b0209830_0284143.jpg

Pop Group、Delta5、ESGからRapture、Future Heads(←1stとは別テイク!BPM遅いのがDEVOっぽくてヤバイよ)、Erase Errataといった新旧尖ったバンドが集まった内容。持っていても絶対損は無いでしょう。

これ、家でBGMとして流しながら飲むと酒が進むんだよな〜(笑)。

VOLAPOLYHINTO、是非またやりたいね!!!
b0209830_0281954.jpg



ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2015-11-17 00:29
<< ROTTENGRAFTTY 「... 19周年ライブ決定!!! >>