POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
OTODAMA’14~音泉魂~
OTODAMA’14~音泉魂~必死のパッチで10回目!

ということで、今年でOTODAMAは10周年!!!目出たい!!!

おめでTOISU!!!

会場の泉大津に到着。まずは清水さんがお出迎え。
b0209830_043789.jpg


今日はキュウソネコカミと一緒の楽屋。

今年5月に開催されたPOLYONSENに出演してもらった時、彼らはまだOTODAMAに出ていないので、バンド名の入ったのぼりが無かった。

なので俺が段ボールを繋ぎ合わせて作った「特製段ボールのぼり」をイベントの入り口に飾り、キュウソ的にはかなりオイシかった(笑)。

その段ボールのぼりを音泉は大事に保管してあり、スタッフのチロちゃんが「ハヤシさん、あの時の打ち上げで『キュウソがOTODAMA決まったら、俺はちゃんとあののぼりに『音泉魂』って書くから!』と、おっしゃってましたんで、早速持ってきました!」と楽屋に届けられた。
それを言ったことはバッチリ覚えて無い(笑)。でも、書いたよ!!!!
b0209830_0433060.jpg


キュウソのライブ、カッコ良かったなぁ。リフのスピード感、展開の多さ、キャッチーなディすり具合が面白い!
あとセイヤ君の全力「クソワロダンス」ね(笑)。シンノスケ君のシンセも、シンプルな音だけど個性的でバンドのカラーにバッチリなっているんだよなー。

カランコロンのせんせいもそうだけど、シンセの音色で個性を出している若いバンドが多いのがカッコいいね!!!

キュウソ後にダッシュで露天風呂ステージへTOMOVSKY!
普段音楽を聴く時にあまり歌詞を見ることは無いけど、トモさん独特の後ろ向きだけど前向きな歌詞は面白くて読んじゃう。

自分達の準備もあったので、ゆっくり観れなかったけど、それでも感動しちゃった。
あの楽しい人柄が溢れ出てくるハッピーなパフォーマンス、好きだなぁ〜。

ちなみにバンドTOMOVSKYの演奏はサードクラスが担当。彼らとはもうかれこれ13年くらいの付き合いになるんじゃなかな?こうして会えるの嬉しいなぁ。
しかもベースはハルさん!このトモさん、ハルさんの兄弟2人が並んでいるだけで、もう、もう!!!(←もう、なんだよ!)

ORANGE RANGEが始まったあたりで日差しが強くなってきたぞ!
昨日は雨でちょっと涼しいくらいだったのに。

そしてPOLYSICS本番!やっぱり相当テンション上がってしまったよ。

しかもステージ上は俺の所だけメチャクチャあちいの!
まるでピンスポが当たっているかの様に日差しが直で来やがった(笑)。

第1回OTODAMAに出演して、こうして記念すべき10回目をお祝いできるのは嬉しいね。
おめでTOISU!OTODAMA!!!

それにしても、この日のラインナップは何だ!
俺の青春時代に聴いていたバンドばかりじゃないか!!!

そこにキュウソ、カランコロン、赤い公園、ORANGE RANGEや四星球もいる。

一体いつの時代だ(笑)!!

でも、この日に出演できて嬉しいな!ものすごい楽しみにしていたよ。

ライブ後は「貸切!宴会場テント」に出演。PANの皆さん&ガリガリガリクソンと、楽しいスイカ割り!

と、言いながらもスイカは割らず、スイカにまつわるトーク(笑)。

その途中でいきなりカラオケ大会になり、次の大浴場ステージの出番が筋肉少女帯だったので、ここはひとつ筋少ナンバーで会場のテンションを上げよう!
ということで、好きな曲&多分今日のライブでやらないであろう「サンフランシスコ」を選曲。
歌い出した瞬間に「踊るダメ人間」にしておけば良かったなと、思う様な会場の地味なリアクション(笑)。

その後PANはSPEED「Body&Soul」!サビでガリちゃんを含めた全員がステージ前方に来て、ノリノリで大合唱!

いきなり皆で歌うもんだから驚いた!と同時に、曲自体がそんなに知らなかったので前に行けず、後ろに一歩下がって様子を伺っていると、司会をしていた京都MUSEの行貞さんが心配して声をかけてくれたのかと思いきや「ハヤシさん、なんで踊らないんですか?」だって(笑)。

どうしても無理だった(笑)。でも楽しかったよ!

ここでフェスのバックヤードっぽい写真を一枚(笑)。四星球ヤスオ君、MONGOL800キヨサク君、BKさん、ORANGE RANGEのNAOTO君、HIROKI君と!
b0209830_059296.jpg


その後は筋肉少女帯!
あのバカテクな演奏力があっての、オーケンの面白いMC。
イベントなのにワンマンを観ているかの様な見応えたっぷり、濃厚なステージは圧巻!!!

GRAPEVINE、MONGOL800のグッドサウンド、グッドメロディに酔いしれた後は人間椅子!!!

ORANGE RANGEのNAOTO君と一緒に観ていたけど2人して「ヤバい!ヤバい!」言いまくっていた。とにかくリフがカッコイイ!!!変わらないヘビーなおどろおどろしさ、ギターキッズの心がときめく高速リフ!やばかった!!!新曲「迷信」また聴きたいのでこりゃ、新譜買わねば!
高校生の時に「幸福のねじ」をコピーしていたのを思い出した…(twitterで「黄金のねじ」と呟いてしまい失礼しました!「黄金の夜明け」というアルバムに収録されている曲だったのでタイトルが混ざってしまいました…)。シングル「夜叉ケ池」のB面の「人面瘡」という曲もカッコイイ。

ユニコーン!アルバム「イーガジャケジョロ」のツアーは観に行けなかったけど、なんじゃぁ!あのEBIさんの巨大フラフープは(笑)!
まだまだ、ネタは尽きなそう…。この日の「服部」は何度も聴いているのにえらくカッコ良かった。
夜の野外で聴くラストの「Feel So Moon」の壮大なスケールに感動!

その後、四星球が「秘湯! SET YOU FREEテント」でシークレットでライブをやるとのことで観に行く。

彼らは昨日と合わせてなんと2日間で5本目のライブ!
客席を巻き込む新曲、面白かったなぁ!しかもこの日「Mr.cosmo」を演奏して、登場してきた宇宙人がなんと「グレート前川星人」(笑)!
しかも、そこから曲が続くのかと思いきや「さぁ、皆さんで大好きなフラカン、オトダマ大トリのライブを観に行きましょう!」と言って、なんとライブが終了!!!
このステージにいる人達全員で大浴場ステージへ大移動。うわぁ、これ、泣ける演出〜!
b0209830_0455960.jpg

(わかりずらいけどのぼりに「大好きフラカン」と書いてある)

そしてトリのフラワーカンパニーズ!すごい気合いだったなぁ。
グレート前川さん、オーバーオールがピカピカ!なんかクイーンみたい(笑)。
「真冬の盆踊り」では出演者がステージに登場!「ヨサホイ」盛り上がった!
俺は何故かサードクラスのハカマダ君をあやつり人形の様にしていた。彼の細い腕が折れないようにね(笑)。

アンコールのステージ上から!
b0209830_0462679.jpg


今年のOTODAMA、湯上がりアクトはニューロティカ!!!
あっちゃんがとても緊張していたので俺とフミは露天風呂ステージへ駆けつけたよ!
「ロックンロールクレイジーラン」で毎回あっちゃんとカタル君がステージを走り回るけど、この日はギターのRYOさん、ドラムのナボちゃんまで叩くのをやめてステージを走り回る演出に泣けた(笑)。ラストに増殖したあっちゃんが何人も出てきたし(笑)。
とても楽しくて全曲熱唱!
途中から四星球のヤスオ君も合流。彼も感動して「泣けてくるわ〜泣けてくるわ〜」とずっと言っていた。
セックスマシーン森田君、ヤスオ君と一緒に!
b0209830_0463844.jpg


といった今年のOTODAMA。内容盛り沢山過ぎて、ブログ書いていて疲れたわ(笑)。
食券使うヒマないくらいライブ観たからねぇ。

楽屋に戻るとPOLYの楽屋の前に清水さん(笑)。
b0209830_0465934.jpg


どのバンドも面白かったし、大先輩方のステージは本当に素晴らしくて、俺らもまだまだだ頑張らないとな!

この奇跡のラインナップを集めた清水音泉、凄い!
改めてOTODAMA、10周年おめでTOISUでございます!!!

これからもよろしくお願いします!!!!

POLYSICS、24時間でDJ含め3ステージお疲れさま!!!皆、頑張った!!!
b0209830_0471119.jpg


b0209830_048915.jpg



ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-09-14 01:09
<< アオーレ Rock Museu... BAYCAMP 2014 >>