POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
VIVA LA ROCK!!!
TOISU!VIVA LA ROCK!!!

今年初開催!さいたまスーパーアリーナでGWに3日間開催されるロックフェス!
主催は鹿野淳さん!!!

ここでは初ライブだ!(ヤノはフットサルの試合経験あり)

出演するステージは「VIVA! STAGE」。
b0209830_12475483.jpg

ステージに日が射してきて明るい!昼間は屋内だけど屋外の様!
ここなら雨男がいるバンドでも安心じゃん!!

POLY本番はツアーファイナルぶりのライブ&沢山の人が集まってくれたのもあり、俺のテンションは相当おかしなことになってしまい、かなりはしゃいでしまった…
でも、ハッピーでアゲアゲ、VIVA LA ROCK仕様のセットリストがバッチリハマったと思う。
とっても楽しくて完全燃焼!
観に来てくれた皆、ありがTOISU!!
b0209830_12482076.jpg

ライブ後はサイン会!
普段あまりこういうのやらないから、ちょっとドキドキだったけどCDを買った人との短い時間の中での交流はとても新鮮で面白かったし、何より嬉しかったよ!
一人一人に「TOISU!」と言ってたら喉がカスカスになったな(笑)。
意外と「National P」を持っている人が多かった気がする。ありがTOISU!!!

やっと落ち着いて[Alexandros]の皆と軽く打ち上げ。
その後、皆でVIVA LA GARDENに出店している「風知空知」へ!
b0209830_12483724.jpg

真ん中の「出待ちして一緒に写メ撮ってもらっちゃった!」みたいなやつが俺ね(笑)。

その後はフィッシュマンズ!
サウンドチェックの時点でえらい気持ち良くて、たまらなかった。
心地よい音に包まれて幸せだったよ…
茂木さん、柏原さん、HAKASE-SUNさん(言い方あってるよね?)、勝井さん、郁子ちゃんが素晴らしいのはもちろんなのだが、
小暮さんのギタープレイ&音が本当カッコ良くて、ダイナミックだけど繊細なプレイにシビレまくった〜。

トリのサカナクション!
打ち込みでもバンド形態でも変わらない、会場を飲み込む熱いグルーヴたまんね!!!
音や演出、曲のスケール感が今回ももの凄かった。

山口君がMCで主催者の鹿野さんとの出会ったころの話をしていて、そういえば俺はいつ頃会っただろう?と思い返してみた。出会いは1999年「1st P」の取材の時だった。たしかBUZZのインタビュー。

テクノ•ポップとパンクを融合したサウンドを鹿野さん解釈で色々と分析してくれた。

インタビューは進んでいき、最後の方で鹿野さんが「きっとハヤシ君はKraftwerkとSex Pistols、両方選べなかったんだね!!」と、熱く確信をつく様な感じで、バシーン!と聞かれたのに対して、若干戸惑いつつも「いえ、全然Kraftwerkですけど…」と即答したら、鹿野さんがずっこけて取材中大爆笑になった。
おー、あれから15年か…(笑)

急遽代打にPOLYを呼んでくれた2003年ROCK IN JAPAN(この頃は鹿野さんはJAPAN編集長だった)、2007年アメリカツアーに同行して取材してくれたり、2008年DEVOジェリーと対談の時も鹿野さんがインタビュアーだったり、POLYのEUツアーでドイツと日本でiChat取材なんてのもあったな!

鹿野さん、とっても素晴らしいフェスでした!
開催おめでTOISU!&記念すべき第1回に呼んでくれてありがTOISUです!!!

次はラストAXだ!!!弾けるぜぇ!!!


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-05-07 12:51
<< ThAnX! AX! Clim... POLYSICS JAPAN ... >>