POLYSICS プロフィールライブインフォ オフィシャルサイト アーティストデータ
インフォメーション

リリース

Album
『What's This???』
発売日:2016/03/02


【初回生産限定盤】
KSCL-2693~4
価格:¥4,000(税抜)

この作品を購入する

【通常盤】
KSCL-2695
価格:¥3,240(税抜)

この作品を購入する

■収録曲
1. Introduction!
2. SUN ELECTRIC
3. アルプスルンルン
4. Funny Attitude
5. 8 Beat Division
6. Nail
7. Dig Down!
8. 春夏秋冬
9. Take Away
10. Be a Human
11. Flying V
12. ロボットマイムマイム
13. 1.2.3.4
14. ドップラーごっこ
15. Hurry Up
16. Vow Vow
17. 299
18. Tempo Tempo Tempo
19. Goody-Goody



できぬかな
BOB2
DEVOのリズムギター&シンセサイザー、BOB2ことボブ•キャセールが亡くなった。

なんだろう、まだ実感がないのが正直な所。

ステージ上では他のメンバーより一歩引いて、冷静で堅実なプレイでDEVO独自のテクノ•パンク•サウンドを支えてきた。
本当「リズムギター」というパートがピッタリで、シーケンスの様にタイトなプレイを、ダウンピッキングでガツガツ弾く姿がカッコいいんだ!
POLYでもカバーしている「Secret Agent Man」のメインリフも彼が弾いている。
あのリフを聴いた時に「カッコイイ!バンド組んだらカバーしよう!」と思い、実際インディーズ頃は毎回レパートリーに入れて演奏していた。

彼の弾くシンセサイザーのフレーズもたまらない。シンプルな音色で音数も多い訳ではないのに、アンサンブルの間を抜けて耳に入ってくる強烈なフレーズ。
「Whip it」とか秀逸だよね。
今ライブで使っているショルキー型Roland SH-101は「Peek-A-Boo!」のプロモで彼が使っているのを観て欲しくなって、POLY結成した時にすぐ買ったもの。
当時はストラップも同じ色のを使ってた。

彼はプレイヤーでもあるけど80年代中盤からDEVOのエンジニアもやっている。
あのタイトでドライな独特のビート感の強いミックス。大好きだなぁ。

2004年USツアー、オフ日にDEVOのスタジオ「MUTATO MUZIKA」へ遊びに行った時、偶然一昨年リリースされたライブ盤「Live 1981 Seattle」のTDをやっていた。BOB2のエンジニアリングが見れたのは今思えばとっても貴重だった。ジェリーがノリノリでエアベースしながらチェックしていた。

2008年来日の時、打ち上げで初めて話したけど本当、楽しくて良い人だった。
ヤノを見てBOB2が「お!君アランに似ている!」とか言ったの思い出した(笑)。
「今度ロスのROXYという場所でライブをするよ」と話したら「そこは『Come Back Johnny』のプロモ撮影で使った所だよ」と教えてくれたのもBOB2だった。

DEVOに無くてはならない存在のBOB2。
あの大きな体、たまに見せる笑顔、エキサイトした時に前髪が乱れる所、「Uncontrollable Urge」でジャンプする直前の顔等も含めて大好き。

これからDEVOの映像を観ようと思う。
そこで実感するのか、まだわからない。

本当にありがとうBOB2。
出会えて良かった。忘れない。


ハヤシ
[PR]
by polysicsblog2 | 2014-02-19 23:52
<< もうすぐツアー!!! Mucho Tapioca >>